2019年7月16日火曜日

スタッキングブックケースとは

スタッキングブックケース(Stacking Bookcase)とは、積重ね式の本棚のこと。

№4126 スタッキングブックケース

個々が独立した箱になっており、こちらの写真はその箱が3段重なった状態となっています。1つ1つが独立性を持った構造ゆえ、この箱の1つを取り除くまたは足すことで高さをお好みにアレンジすることができます。

例えば、設置場所の上部にインターフォンがありこのままでは収まりきらないといった場合、3段のうち真ん中の1段を抜くことで、1段分の高さを下げることができます。

№4126 スタッキングブックケース

ちなみにこちらはヴェルニッケ社のもの。ヴェルニッケ社とは、1893年に設立されたキャビネットメーカー。このスタッキングタイプのブックケースを考案した会社です。

後にヴェルニッケ社はグローブ社と合併し、グローブ・ヴェルニッケ社となります。グローブ・ヴェルニッケ社はこのスタッキングブックケースの特許を取得し製造していました。アンティークのオフィス家具メーカーといえば、このグローブ・ヴェルニッケ社であると言われるほど名高い老舗メーカーです。

グローブ・ヴェルニッケ社のスタッキングブックケースにはオーク材が用いられていることが多いのですが、こちらはマホガニー製。赤みがかった深く艶やかな色味が高級感を演出する贅沢なオフィス家具です。


№4197 スタッキングブックケース

 こちらは幅と奥行が比較的狭い小ぶりのスタッキングブックケース。こちらは4段タイプでものを分けて収納したい時に活躍してくれます。


№4197 スタッキングブックケース


スタッキングブックケースの開け方は個性的。それぞれの段のガラス扉はフラップ式になっており、開ける際には下部についているつまみを手前上部へと持ち上げて、最後にブックケースの中に押し込みます。

中のものを整理しているときに扉が邪魔になることがないようにでしょうか。
よく考えられた構造をしています。


№4132 スタッキングブックケース

最後は5段のスタッキングブックケース。高さがあるため、一番上の段から下にかけてどんどん1つ1つの箱の高さがなだらかに低くなっていることがよくわかります。

№4132 スタッキングブックケース

開け方は上記2つのブックケースとは異なり観音開き。幅が広い分、フラップ式よりこちらの仕組みのほうが利便性が高いと言えます。

№4132 スタッキングブックケース

こちらはミンティー社製作のスタッキングブックケース。グローブ・ヴェルニッケ社と同様オフィス家具で有名なオックスフォードのキャビネットメーカーです。

スタッキングブックケースはアーツアンドクラフツの流れを汲んでいるため、彫刻や象嵌細工のような装飾はほとんどなく素材そのものを活かした造りになっています。

素材重視のシンプルなデザインの家具であるからこそ現代でも人気が高く、幅広く受け入れられているのではないでしょうか。

by A

2019年7月11日木曜日

キュートなチャイルドチェア・・・その2

各地で大雨洪水警報が出るなど大気の状態が不安定な日が続いています。
梅雨明けが待ち遠しい今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?

さてキュートなチャイルドチェアのご紹介、2回目の今回は比較的お手頃価格でおしゃれなインテリアとしてお勧めしたいものをご紹介しましょう。

その名の通り、通常の家具類と比べてミニチュアサイズですが侮ることなかれ、シンプルで何とも味わいのある美しいフォルムの商品なんです。


そこでまずはこちら1900年代のチャイルドアームチェアです。

№4424 チャイルドアームチェア
100年の時を経てきたウォールナットの褐色が深みを増して、しっとりとした古艶をまとっています。


 

布地の座面も破れや汚れもなくキレイですから、飾っておいても絵になるチェア。
テディベアなどアンティークドールとの相性もぴったり。
もちろん小さなテーブルと合わせてお子様用としても利用出来ます。






次がこちら1880年代の英国伝統カントリースタイルのチャイルドチェアです。


№4138 チャイルドチェア

背もたれが「糸巻き棒」を意味する別名「スピンドルチェア」とも呼ばれるタイプ。





大人が座っても大丈夫なくらい、意外にしっかりとしたつくりですが、
何せサイズが可愛らしいため、ドールチェアや花台など
ディスプレイ用として人気の商品ですね。



 


玄関先のちょっとした荷物置きとしても重宝するチャイルドチェア

例えば「ファースト アンティーク」としてご出産やお誕生日のお祝いとして贈るのにも
オススメですよ。。。

子供用でも決してちゃちな感じがしない、まさに一生モノのプレゼントを探しに
いらっしゃいませんか?

スタッフ一同ご来店お待ちしております。

by K

2019年7月9日火曜日

ダンテスカとは

ダンテスカとは「神曲」で有名な詩人ダンテに由来するX脚のチェアのこと。
彼が愛用したことでこの名前が付きました。


№9969 ダンテスカ


X脚のチェアの起源は非常に古く、遡れば古代エジプトの折り畳み椅子に辿りつきます。元々チェアは王や貴族といった時の権力者によりその権威の象徴として使用されていたものですが、その優れた機能性ゆえ特にX脚の折り畳みチェアは重宝されました。

身分の高い人々に愛用されてゆく中で、このチェアは上流階級の椅子として地位を確立しました。


№9969 ダンテスカ

ダンテスカはルネサンス期に誕生したチェア。またフィレンツェで名高い修道士サボナローラも同様にX脚のチェアを愛用したことから同型のチェアはサボナローラチェアと呼ばれることもあります。


もともとこうしたX脚のチェアは実際に折り畳める機能が備わっていましたが、次第に折り畳みの機能が備わったX脚のチェアは数が減ってゆきました。今では機能ではなく、このデザインを指してダンテスカやサボナローラチェアと言います。


№9969 ダンテスカ



全体を覆うほどのアカンサスの荘厳な彫刻は華美なルネサンス様式を体現しています。この生命力あふれる作品は写真で見るよりも実物はかなり大きく、その威風堂々たる風格に圧倒されてしまいます。


是非とも店頭にて一度は目にしていただきたいチェアです。こちらのチェアはアラベスク柄のファブリックにて張替え済みです。玄関に置けばその主役として空間の格式を一段と上げてくれるでしょう。

by A

2019年6月27日木曜日

キュートなチャイルドチェア・・・その1

湿度が高く不快な日々が続きますがいかがお過ごしですか。
エアコンの効いた部屋の中でつい閉じこもっていませんか?

散歩やウォーキング等々少しでも身体を動かすと汗をかいて心身ともにデトックスされて食欲も湧いてくるものです。
水分補給を心掛けながら、どうぞ気分転換に是非とも外出して下さいね。

アンティーク家具やランプ、雑貨たちを観にいらっしゃることなどは特にお勧めです!
ここウエストウッドの静かでひんやりとした店内にいらっしゃいませんか?

今回から2回にわたりまして、その名の通り小さくてキュートなチャイルドチェアをご紹介してみたいと思います。。。


まずはこちらオーク材で、ラタン(籐)編みのチャイルドチェア
背面と座面の編み込みが意外に?パンっと張っていて丈夫で素晴らしいんですよー。

№4306 チャイルドチェア

英国伝統の「バーリーシュガーツイスト」のデザインの脚が存在感バツグンですよね。



 

一見座高が高めと感じますが、さり気なく落下防止用の棒が渡してあるので安心。
しかも「足掛け」の部分の高さ調節が3段階可能ですから、お子様の成長に合わせて長く使って頂けると思います。






続きましてこちら、座高などから現代ものにも合わせやすい実用的なタイプ。
曲木加工しやすいエルム/ビーチ材で作られたホイールバック・チャイルドチェアです。

№4444 ホイールバック チャイルドチェア

背もたれに車輪型の透かし彫りが施された、まさに英国伝統のカントリーチェア。
オーク材の家具との相性が良いアイテムと言えますね。


 


落下防止用の棒が渡してあり、脚が末広がりになっているため安定感もあります。


 


以上、ご紹介した2点はお子様用のチェアですが侮ることなかれ、
決してチープな感じはなく、つくりも大人用と比べていただいても遜色がありません。
ご自宅のダイニングセットに子供用としてすんなりと馴染んでくれることでしょう。


デザイン的に優れ、実用にもかなうチャイルドチェアにはなかなか出会えないものです。
アンティーク家具は一点ものですから、探されている方はお早めにご連絡くださいませ。
HPからメールにてのご注文も可能です。
ご自分の目で実物をお確かめにも是非お越しくださいませ。

ご来店お待ちしております。

by K

2019年6月18日火曜日

ダイニングチェアを張り替えました

ダイニングチェアの張替えを行いました。
こちらのダイニングチェアを張り替えるのに使用したのは、明るいグレーのファブリック。

№3884 ダイニングチェア

オークのダイニングチェアはアンティークチェアの中でも様々なスタイルのダイニングスペースに最も柔軟に合わせることのできるチェア。特にこうしたライトオークカラーのものはモダンスタイルのお部屋にも自然に溶け込み、おしゃれな空間を演出するのに一役買ってくれます。





入荷当時はブルーやイエローを中心に多色を用いた生地が座面に使用されていました。


№3884 ダイニングチェア

今回は多様なお部屋の雰囲気に調和するよう明るいグレーをチョイスしました。ナチュラルカラーのダイニングテーブルにもより合わせやすくなりました。

№3884 ダイニングチェア

№3884 ダイニングチェア

張替えで表情が変わったこちらのチェアですが、艶やかなツイストやトップレールからスプラットにかけた彫刻も魅力の1つ。張り地がシンプルになったことでこうしたフレームのディティールにも自然と視線が誘導されるようになります。

現代のお部屋に取り入れるのが難しいと考えられがちな英国アンティークですが、こうしたオークのダイニングチェアから取り入れてみてはいかがでしょうか。

by A



2019年6月13日木曜日

アンティークのウォールミラーたち ③~ユニークなタイプ編~

梅雨入りして時たま晴れ間もあるものの、基本ジメジメ蒸し暑さ倍増しています。
みなさま工夫して元気にお過ごしですか?
鬱々とした気分転換にはどうぞウエストウッドまでお越しくださいませ。


さて今回は店内にあるアンティークのウォールミラーたちの中から、
個性的でユニークなタイプをご紹介いたしましょう。


先ずは1930年代のウォールナット材のウォールミラーです。

No.4289 ウォールミラー



















トップにはシェル(貝・貝殻)モチーフの彫刻が施されておりカーヴィングが何とも美しく特徴的ですよね。




実用的でありながら印象的なフォルム。
木目や木枠の色味がいかにもウォールナットならではのいい味を出しています。

 



次は1930年代のオーク材のウォールミラーです。

№9895 ウォールミラー




















オーク独特の濃いこげ茶色の木枠がアンティークらしい落ち着きを感じさせます。
こんなミラーが玄関先にあれば重宝しそうですね。

 

二又のフックが4つも付いていて、ちょっとした小物や鍵などを引っ掛けて下げておくのなんかも便利ですよ。
ミラーはオリジナルですが腐食や曇りも見られず状態は良好です。

 



それからこんな変わり種のミラーもご紹介しておきましょう。
1880年代フランス製のキャンドルスタンドと一体型ウォールミラーです。


№9721 ウォールミラー


素材は一見したところ真鍮かアイアンを思わせますが、なんと木と石膏に金色の塗装がされているのものですから、しっかりとした作りながら重さはさほどでもありません。


 

金縁の左右から上部にかけて花と葉が絡み合う装飾がまるで宮殿を思わせるような?
とてもゴージャスな空間を演出してくれることでしょう!

 

アンティークのモノというとやたら豪華で古いだけ?などというイメージが
あるかもしれませんが、こんなユニークなアンティークミラーもあるんですー。

他にも様々な個性派のアンティーク家具たちを多数取り揃えておりますので
是非ともホームページで商品のラインナップを御覧下さいませ。

スタッフ一同、ご来店を心よりお待ちしております。

by K

2019年6月4日火曜日

小さなテーブルランプ -アールヌーボー期-

今回はアールデコ期の作品とは全く雰囲気の異なるアールヌーボー期のテーブルランプを数点取り上げたいと思います。

アールヌーボー様式はアールデコ様式より以前に流行した様式。19世紀末から20世紀初頭、ちょうど産業革命の波が収束するころに流行しました。品質があまり高いとは言えない工業製品が大量生産された時代に反発する形で勃興しましたので、この時代の作品には曲線的で有機的モチーフが多く用いられました。







こちらはアールヌーボー期に製作されたデュゲのテーブルランプ。シェードの基調色は暖かみを感じさせるオレンジ。縁にネイビーが配色されています。夜へと移り変わる夕暮れ時を切り取ったかのような色使いです。




シェードを包み込むのは薔薇のアイアン。花や植物はアールヌーボーに最もよく見られるモチーフ。作品に優雅さと気品を添えてくれます。




次の作品はミューラーによるもの。こちらのシェードはイエロー、オレンジ、ネイビーの3色のグラデーション。イエローを基調にしているため、先ほどのテーブルランプより明るい雰囲気。シェードの真下の金具の窪んだスペースにアクセサリーを載せても良いかもしれません。

№0196 ミューラーテーブルランプ

№0196 ミューラーテーブルランプ


こちらのランプもまたミューラーの手による作品。シェードは上で紹介したものと対になるもの。金具はより高さがある分、曲線が強調されています。テーブルとの設置面はまるでハート形とひし形が合わさったかのようなモチーフとなっております。







アールヌーボーのランプは総じて繊細優美な作風のものが多く見受けられます。お部屋を華やかに彩る色彩豊かなアールヌーボーのランプ。店頭にて実物をぜひご覧になってください。

by A