2020年7月7日火曜日

リージェンシーのダイニングセット

英国史でジョージ4世が統治した時代に流行したスタイルをリージェンシースタイルと呼びます。リージェンシー(Regency)とは英語で摂政を指します。父親であるジョージ3世が精神に異常をきたしたため、1811年以降のちのジョージ4世は摂政皇太子となりました。摂政皇太子を経てジョージ4世として統治したのは、1811年から1830年まで。その時代で流行したリージェンシースタイルはネオクラシックスタイルを中核に据えていました。

ネオクラシックスタイルは古代ギリシャ・ローマにインスパイアされたスタイル。直線的でマホガニーを主に使用した重厚感がある様式です。

№9013 リージェンシーダイニングテーブル

№9013 リージェンシーダイニングテーブル

№9013 リージェンシーダイニングテーブル

こちらのダイニングテーブルはまさにリージェンシー様式のもの。天板下の脚は中心に一本の柱を据え、その柱から4つの脚がさらに伸びており大変存在感があります。

こちらのダイニングテーブルは次にご紹介するチェアと一緒に入荷いたしました。

№9014 リージェンシーチェア

№9014 リージェンシーチェア

№9014 リージェンシーチェア

こちらも同じくリージェンシースタイルのもの。大切にお手入れされながら時代を過ごしてきた証拠に上質な艶を纏っています。異なるスタイル同士を組み合わせて自分だけの空間を作り出すのも楽しいものですが、同じスタイルの組合せはやはり安定感と統一感があります。お写真だけでなくぜひリージェンシーの古き良き時代の家具たちを店頭にてご覧ください。

by A

2020年6月30日火曜日

【特価商品】チェスターフィールドソファのご紹介

本日は特別価格にてご提供しているチェスターフィールドソファをご紹介いたします。こちらは3人掛けのブラウン色のレザーのチェスターフィールド。通常では販売価格は70万円は超えるお品物ですが、こちらは少し訳ありで半額ほどのお値段である34万+税にて販売しております。

№9022チェスターフィールドソファ

№9022チェスターフィールドソファ

№9022チェスターフィールドソファ
こちらのチェスターフィールドソファは入荷した際に少々乾燥が目立ち、一定期間乾燥状態で放置されてしまったことで座面の一部に破れがございました。座面の破れには裏打ちを施し修復をしておりますが、補修跡があることからお安くなっております。全体にはレザークリームを刷りこみ潤いを与えて蘇らせました。

こちらも現在店頭展示中ですので、ぜひご来店の上実物をご覧ください。

by A

2020年6月23日火曜日

ジュエリーキャビネットのご紹介②

さてジュエリーキャビネットのクロス張替え作業も進み、最後の一点が完成しました。こちらも前回と同様にbeforeとafterのお写真を掲載したいと思います。

【before】
№4481ジュエリーキャビネットは収納力が高く、上段の蓋収納の部分と下段の観音開きの部分に分かれております。下部のお写真のようにオリジナルにはグリーンの起毛生地が使用されていました。起毛生地は独特の光沢ゆえに高級感があるのが特徴ですが、物を長期に渡って置いておくと徐々に表面の毛羽がへたってきてしまうというデメリットもあります。






【after】
今回こちらのキャビネットにも№4526ジュエリーキャビネットそして№9037ジュエリーキャビネットと同じクロスを使用いたしました。

№4481 ジュエリーキャビネット

№4481 ジュエリーキャビネット

№4481 ジュエリーキャビネット

ダークトーンのクロスもシックな雰囲気で素敵ではありますが、中に色とりどりの宝飾品を飾る場合は背景が白の方が展示物が引き立ちます。現在店頭展示中ですので、ぜひご来店の上実物をご覧ください。

by A

2020年6月19日金曜日

第2回特別セール開催のお知らせ

第2回特別セール開催のお知らせ


2020年6月20日(土)~6月30日(火)までの期間、第2回特別セールを開催いたします。
期間中全品20%offの特別価格でご用意いたします。この機会に是非ご利用くださいませ。

安全を考慮してマスクの着用や除菌スプレーの設置など、最大限の安全対策をとってお待ちしております。

2020年6月16日火曜日

Shoolbred社とは

アンティーク家具を取り扱っていると"James Shoolbred & Co"もしく"Jas Shoolbred & Co"というメーカープレートが付いたものに遭遇します。2つのメーカーマークは若干表記が異なりますが、同一のメーカーのもの。時に後者の表記が用いられました。

№4570 スツール

№4570 スツール

James Shoolbred and Companyは主にヴィクトリアン時代に名を馳せたキャビネットメーカー。同社のマークは高品質の家具の証です。今では家具小売販売の先駆者とも言われています。





James Shoolbred社はもともとは内装やインテリア用の生地を取り扱う会社で、主に家具職人に生地を供給していました。

設立は1820年頃。Tottenham Court Roadにてその事業を始めたと言われています。家具のデザイン、製造・販売を開始したのは1870年代に入ってからのこと。その後顧客から絶大な支持受けて急成長し、最終的には百貨店として大きな飛躍を遂げました。

1931年に廃業となってしまいましたが、今でも時代を経たアンティーク家具として高い評価を受けています。もしShoolbred社のメーカーマークを見つけたならば、その家具は折り紙付きと言えるでしょう。

by A


2020年6月9日火曜日

ジュエリーキャビネットのご紹介

現在ジュエリーキャビネットの張替え作業をおこなっております。3点のジュエリーキャビネットの張替えに着手し現時点で2点の作業が終了しましたので、早速その2点をご紹介します。

まずは一点目。立方体のフォルムに猫脚が付いた優雅なジュエリーキャビネット。オリジナルはグリーンがかった起毛生地が使われておりました。

【Before】





【After】
№9037 ジュエリーキャビネット


№9037 ジュエリーキャビネット

張替えの生地にチョイスしたのは赤みのあるマホガニーの躯体と美しいコントラストをなすホワイトの生地。より洗練された仕上がりになりました。





二点目はさらに小ぶりなサイズ感のジュエリーキャビネット。トライアングルのケースを緩やかなカーヴを描く猫脚が支えます。オリジナルはイエローの起毛生地。こちらも上記のジュエリーキャビネットと同じ生地で張替えました。


【Before】




【After】

№4526 ジュエリーキャビネット

№4526 ジュエリーキャビネット
白の生地は中に飾られた宝飾品の色合いと反発し合うことなく、飾られた品々を引き立ててくれます。内部に同じ生地を採用したこの2つのジュエリーキャビネットは1つの空間に共に置いても調和性があります。自身のコレクションを飾るためのケースとして、もしくは店舗で商品を飾るための什器としていかがでしょうか。

by A

2020年6月2日火曜日

新型コロナウイルス感染拡大防止策について

いつも当店をご愛顧いただきありがとうございます。
当店では新型コロナウイルス感染拡大防止のため以下の対策を行っております。

①スタッフマスク着用
②アルコール消毒の設置
③店内アルコール清掃
④店内換気

入口に消毒液を設置しておりますので、来店の際にご利用ください。また入店の際にはフェイスマスクの着用をお願いいたします。お客様とスタッフの健康と安全を確保するためにご理解とご協力をお願いいたします。