2018年12月17日月曜日

セール3日目

本日も引き続き特価商品をご紹介いたします。

【40%off】
№9863 ヴィクトリアンニーホールデスク
¥459,000→¥275,400

№9691 ベビーカー
¥43,200→¥25,920

№9826 リフェクトリーテーブル
¥145,800→¥87,480

№9840 ライティングデスク
¥162,000→¥97,200

セール期間中につき上記の商品は現状でのお引渡しになります。
あらかじめご了承くださいませ。

2018年12月16日日曜日

セール2日目

さて本日セール2日目。

本日は50%offにてご提供する商品をご紹介いたします。


【50%off】
№9838 ドレッシングテーブル
¥124,200→¥62,100


№9874 ダイニングテーブル
¥367,200→¥183,600

№9639 オールドパインダイニングテーブル
¥81,000→¥40,500

№9625 オケージョナルテーブル
¥54,000→¥27,000

№9754 ティルトトップテーブル
¥172,800→¥86,400


¥102,600→¥51,300

セール期間中につき上記の商品は現状でのお引渡しになります。
あらかじめご了承くださいませ。

2018年12月14日金曜日

セール初日

さて本日セール1日目を迎えました。

本日は特別価格にてご提供する商品をご紹介いたします。


【70%off】
№9624 バルーンバックチェア
¥59,400→¥17,820


【60%off】

№9775 天使 天吊灯3灯式
¥378,000→¥151,200

№9842 アーン
¥68,040→¥27,216


№9603 レディースデスク
¥81,000→¥32,400
                 


セール期間中につき上記の商品は現状でのお引渡しになります。
あらかじめご了承くださいませ。

明日は50%offにてご提供する商品をご紹介いたします。

セールのご案内

来る12/15(土)~12/25(火)までの期間ウインターセールを開催いたします。


全品販売価格より10~70%offにてご提供いたします。

この機会に是非一度ご来店くださいませ。

スタッフ一同心よりお待ちしております。




2018年12月13日木曜日

クリスタルガラスと云えば…バカラ<前編>

こんばんは。

この時期になりますとあちこちの駅前広場や商店街の通り沿い、一軒家のお宅でも
様々なクリスマスのイルミネーションがキラキラ輝いていますね。
とある場所の木の枝に沿って這わせたイルミネーションなどはこれから冷えた冬の夜空に
キリリと映えるであろう、美しい”クリスタル”のガラスをイメージさせるようなシルバーホワイト色…。

そう、【クリスタルガラス】と云えば…バカラ(Baccarat)でしょう!

言わずと知れたフランスのクリスタルガラスにおける有名なラグジュアリーブランド。
フランス国王ルイ15世によりロレーヌ地方のバカラ村にガラス工場が設立されたことから
端を発して現在に至ります。
長い歴史に裏打ちされた高度な技術、絶妙な酸化鉛の含有率、品質基準の厳しさなどが揃うことで、より美しく価値あるバカラの【クリスタルガラス】が生み出されてきました。
だからこその世界のあらゆる王室御用達、日本の皇室にも重宝される所以ですね。

さてここウエストウッドのキャビネットやショーケースの中にも
実はバカラのガラス製品が商品として沢山ございます。
代表的なものをいくつかご紹介させていただきますね。


先ずは基本的なところでワイングラスを・・・。
星や宝石のモチーフで緻密なカットが素晴らしいオーソドックスなタイプです。
4種類それぞれ2~6個の在庫ありです。
詳しくはお問い合わせ下さい。

No.8177 オールド バカラグラス「LAGNY」























次にこれはイギリス・ロンドンのピカデリーサーカス広場が名前の由来です。
大・小サイズそれぞれ1~2個在庫あります。
早めにお問い合わせを!

No.8154オールド バカラワイングラス「PICCADILLY」






















それからこれはスペイン北部の都市「ブルゴス」にあるカトリック教会の大聖堂が
名前の由来になります。
ゴシック様式を思わせるようなシャープなカットが魅力的。
ワンサイズで在庫は5個ぐらいです。

No.8153 オールドバカラワイングラス「BURGOS」


いずれのワイングラスもカットが鋭角な感じで、吞み口の良い薄目のガラスの厚さ。
ガラス独独の重みも感じられ、液体が入ると実にまろやかな印象になるのですから
不思議です。これぞまさしく”職人の技”なのでしょう。。。

お酒を飲む機会も何かと多くなるでしょうが、ここぞという大切なときにはやはり
とっておきの【クリスタルガラス】のグラスでシャンパンなんぞ楽しめたら素敵です。
さあ、バカラのグラスで乾杯!!しませんか?

スタッフ一同ご来店お待ちしております。

by K

2018年12月9日日曜日

ヘップルホワイト様式

家具の黄金期と呼ばれる18世紀ジョージアンの時代には多くの有名デザイナーが誕生しました。代表的なデザイナーには、以前取り上げたトーマス・チッペンデール、シェラトン、ジョージ・ヘップルホワイトがいます。

彼らはおのおのデザイン集を出版し、それぞれチッペンデール様式、シェラトン様式、ヘップルホワイト様式というようにまとまった様式が確立されました。

これら3つの様式は18世紀イギリスの三大流行様式と呼ばれています。

今日はその中でもヘップルホワイト様式について取り上げます。

ジョージ・ヘップルホワイトはジョージアン後期に活躍したデザイナー。
ジョージアン後期はまさに新古典主義が流行した時代であり、この新古典主義は主に建築家ロバート・アダムの手により広められました。ヘップルホワイト様式も新古典主義を基調としていますが、実用性と生産性をより重視し、形状や装飾が単純化されたデザインを特徴としています。

ヘップルホワイトのデザインで有名なのはやはりチェア。
背もたれの形がシールドもしくはハート型で、脚はテーパードレッグ。
テーパードレッグは足先にかけて細くなってゆくスタイルの脚のことです。

№3773/3774 ヘップルホワイトチェア

こちらはシールドバック。トップレールには実り豊かな麦が彫刻されています。




脚がガブリオールのものは、ヴィクトリアンの時代にリバイバルされたチェアによく見られます。




一方こちらはハートバック。ハートバックは柔らかで優美な曲線を描き、シールドバックとは違った魅力があります。

背もたれでチェアの種類を大別できても、それぞれ異なる繊細な彫刻やインレイが施されています。店頭でぜひご覧ください。

by A

2018年11月27日火曜日

今度こそチェスターフィールド!

こんばんは。

木枯らし1号が吹かないかもしれない?と言われている今年の冬、比較的暖かな日が続いていますがいかがお過ごしでしょうか?

これからの時期はお部屋の中でゆったりと読書したり、DVDで映画鑑賞したり、時にはうとうとしたりすることが増えてくることでしょう。お気に入りのチェアやソファがあれば言うこと無しなはずです。
そこでオススメしたいのは、その存在感も座り心地も抜群のチェスターフィールド。
特に男性陣から熱烈な指示を受けているソファでもあるんですね。

今回はその「チェスターフィールド・ソファ」のご紹介です。
”チェスターフィールド”という名称の由来は諸説あって定かではありません。
英国では一般的にアームレストから背もたれが同じ高さにあってボタン留めされたソファのことを指しており、アームが外に向けて巻いた形状になっています。


ではまずは1人掛けのタイプから・・・。

No.4382 チェスターフィールド


          どうでしょう?なかなかの存在感ですよね?






















ブラウンのレザーは深い色味で美しい艶があり、キズやひび割れもなく状態は良好です。座のクッションのウレタンは入れ替えたためにふっくらとして、へたりもありません。


そして2人掛けのタイプがこちら・・・。

No.4445  チェスターフィールド 


ブラックのレザーがまた超カッコイイーーー♪
レザーの保存状態が良好なので長くご愛用頂けると思います。





見た目でもお分かり頂けるように座面は柔らかく、ふっくらとした抜群の座り心地!!
思わず横たわりたくなっちゃいますよね?


 


大人2人がゆったりと座っていられるサイズ感。現代家具とも難なくピッタリと馴染むアイテムです。


それからこちら3人掛けの大型タイプ・・・。

No.4425 チェスターフィールド


このどっしりとした圧倒的な雰囲気には素晴らしいの一言しかありません。。。
座面は固めでガッチリした感触で落ち着きます。


 


ダークブラウンレザーの使い込まれた渋い味わいと質感はまさにアンティークならでは
と言えるでしょう。
1人掛けのとは違って座面もボタン留めのタイプは大変希少価値のあるものです。





全体的に艶があり状態が良好。
大事に使われてきた様子がうかがえますし、歴史も感じさせますね。


今までに幅広い年齢層の男性がいったい何人来られたことでしょう???
外から眺めて一目惚れされ、店内でサイズ確認して行かれましたが、さて果たして。
サイズが大きすぎたり、座面の硬さ柔らかさ、色味の好み等々なかなか条件が難しいらしくて。
よそのお店で同じように迷われて決めきれずにいらっしゃる方、是非ともウエストウッドまでお越しくださいませ!

ここで貴方にとってピッタリのチェスターフィールドと出会えるかもしれませんよ!
予算的に迷われていた方も今度こそチェスターフィールドを手に入れて頂きたい。。。
ご来店お待ちしております。

by K