2014年3月18日火曜日

ゲートレッグテーブルとは。

みなさま、こんにちは。
とても風が強いですね。
どうやら、気象庁は、関東に春一番が吹いたと発表したみたいですよ。
お店の外に並べている家具たちが、飛ばされないか心配です。
もちろん華奢で小さめなものは、今日は並べていないのですが、
風がビュービュー音をたてているので怖いです。
外に出る際は、お気を付けて…!!

さて、本日のご紹介は、ゲートレッグテーブルです。
「ゲートレッグ」とは、どのような意味でしょう。

№4255 ゲートレッグコーヒーテーブル 1910年代

ゲートレッグテーブルとは、
甲板が3分割されており、両端は折りたたむことができ、
必要に応じ垂れ板を持ち上げ、
ゲートの開き脚を回転させ甲板を支持するテーブルのことです。




こちらも同じくゲートレッグテーブルです。
先程は甲板が四角い形でしたが、こちらは丸い形をしています。

№4216 ゲートレッグテーブル 1900年代




同じゲートレッグでも雰囲気が違って、いいですね。

いかかでしたか?
このように大小、大きさを変えられるものでも、様々なタイプのテーブルがあります。

気になる点がございましたらお気軽にお問合せください。
では、風に飛ばされないように!!

0 件のコメント: