2015年12月17日木曜日

英国アンティークチェア



みなさまこんにちは、いかがお過ごしでしょうか。
12月も後半に差しかかり今年も残すところ2週間となりました。忘年会に大掃除、年賀状の準備等々、、あわただしくあっという間に過ぎてしまう12月ですが、お時間がありましたら是非ウエストウッドにお立ち寄りください。当店時間がゆっくり流れております☆

さて本日はオークでつくられた彫刻の美しいチェアのご紹介です。


№9694 チェア
http://www.westwood-jp.com/furniture/9694.html























1930年代のオーク製のチェアです。
脚部やストレッチャーは挽き物で構成され、経年で得られたパティナ(古艶)がより引き立っています。そして特筆すべきは背もたれのトップレイル(笠木)のカーヴィングでしょう。英国アンティークで多く用いられるアカンサスのモチーフがシンメトリーに配置されています。もちろん手彫りで職人の技術の高さがうかがえます。
トップレイルの精巧なカーヴィング
年代物の家具を取り入れる際に強度を気にされるお客様をお見かけします。
繊細な猫脚のチェアはやはり乱暴な使用はおすすめできません、しかしこちらのチェアのようにストレッチャーがつくタイプは強度が高いので小さなお子様がいらっしゃるご家庭にもお勧めできます。

生地も破れ・シミもなく良好です
パティナが際立つ脚部





















座面生地は張替えられてさほど年数が経っていないようです。日本では見かけないおもしろい絵柄でこのチェアにとてもマッチしています。もちろん張替えも承っております。お気軽にお問合せ下さい。
さりげなく手の込んだチェアです、置いておくだけでも絵になりますのでお客様用のサイドチェアとしてお部屋のコーナーに配置してもいいかもしれませんね。現在店頭に展示しております、是非実物をご覧ください。

チェアの在庫一覧はこちらです。セットから1点ものまで多数取り揃えております。

0 件のコメント: