2016年1月23日土曜日

英国アンティーク サイドバイサイド

みなさまこんにちは。
先日の雪もまだわずかに残るうちに、今夜もまた雪の予報が出ています。
前回ほどは降らないとの予報ですが、日本海側はかなりの大雪が予想されているようです。
全国的に大寒波が覆っているとのことですので、みなさまお気をつけてお過ごしください。

さて、今回はサイドバイサイドのご紹介です。

【Side By Side】
両端のブックケースとライティングビューローで構成される多機能家具
1800年代後期から見られる


№4307 サイドバイサイド
http://www.westwood-jp.com/furniture/4307.html
H型のシルエットが軽快さを演出

デスクチェアとの相性も抜群
1890年代のマホガニーサイドバイサイドです。
長い年月が経っているにもかかわらず、状態は非常に良好です。
どれだけ大切に扱われていたのかがうかがえます。

中央ビューロー部の甲板や両サイドのブックケースにはクォータリング(4分割した突板張り)が施され、気品と風格が漂います。
全体のシルエットがH型になっているため、デスクとして使用しても上部に圧迫感がありません。
また、ブックケースの脚はスペードフッドになっており全体に軽快な印象を与えています。
足回りが広々としているので大きめのデスクチェアを合わせてもゆったりと足を伸ばせます。

マホガニーの赤みに赤いレザーで統一感があります
ビューローを開くとレザーの張られた天板と、レターホルダーや引き出しが取り付けられた、細かな整理がしやすい収納になっています。
天板はローパーでしっかりと支えられているので、過度な荷重を掛けなければ安定して使用できます。
ビューロー内に仕舞えない大きなものも
楽に入るスペースです
格子一窓一窓に球面のガラスがあてがわれている
非常に凝ったガラス扉


ブックケースには球面ガラスがはめ込まれており高級感があります。
内部の収納は上下段で4段の棚があり本のサイズに合わせて収納したり、お気に入りのアイテムを飾るショーケースとしても使用できます。
両サイド上下すべてに鍵を掛けられるので、大切な物や重要なものを収納することができます。

最近あげていたブログではスタンダードでシンプルなものが多かったので、今回はアンティーク色の色濃い凝ったアイテムをご紹介しました。
部屋にこのサイドバイサイドを置いたら、部屋はたちまち書斎に早変わりし、自分だけの上質な空間が手に入ることと思います。
今このアイテムは店内の最も目立つスペースに展示してあります。
ぜひこのサイドバイサイドに会いにいらしてください。
このアイテムの存在感を肌で感じれるはずです。


2016年1月18日月曜日

ウエストウッドは雪の日でも営業します!



みなさまこんにちは。
昨晩から今朝にかけて関東では大雪となりました。
昨日中に雪の予報は出ていましたが、ここまで大雪になるとは想像できませんでした。
降り始めが深夜だったこともあり、朝起きて外を見てびっくりしました。
朝から放送し続ける交通機関の遅延情報に慌てた方も多かったと思います。
仕事も学校も遅刻しないことは大前提ですが、焦って慣れない雪に足をとられたり、タイヤの準備ができていない車を運転するなど降雪の日は特に危険と隣り合わせです。
雪は止みましたが、今日溶けていく雪が明日には凍りついてしまいます。
数日間はお気をつけて移動してください。

最後になってしまいましたが、ウエストウッドは本日も通常通り営業しております。
みなさまのご来店をお待ちしております。
また、HPにはすべての商品を掲載しています。
電話やメールでのお問合せもしていただけます。遠方の方はお気軽にお問合せ下さい。

2016年1月15日金曜日

英国アンティーク チェストオンチェスト

みなさまいかがお過ごしでしょうか。

今回はチェストオンチェストをご紹介いたします。
№4229 チェストオンチェスト
http://www.westwood-jp.com/furniture/4229.html
【Chest on Chest】
文字通りチェストの上に別のチェストが重なっているもの
=Tallboy / Double Chest


1920年代に製作された伝統的でスタンダードなチェストです。
このアイテムは上下一体型となっており、普段使いしやすいアイテムです。
赤みを抑えたマホガニーが落ち着いた印象を与えます。
上下合わせて6段の引出しで構成され、1段・2段・3段と徐々に引出しの高さが深くなり、3段目以降は同サイズの引出しになります。
フロント部は緩やかな曲線を描き立体感を与えています。
このアイテムはシンプルさを追求し、彫刻や装飾を施さなくともチェストの魅力を惹きだす創意工夫が感じ取れます。

引出しの金具は持ちやすく引出しやすいリングタイプです。
アンティーク家具の金具は多種多様で、持ち手を実用的にするか、デザイン性を持たせるかで作り手のこだわりがうかがえます。
このチェストに関しては前者で、全体の雰囲気を壊さないように、また実用的であるように使いやすいリングが選ばれています。
アンティークにしても一般の家具選びと同様に、使いやすさで選ぶことも大切なポイントになります。

気取らないデザインがどの様なシーンにもあわせやすく、飽きにくく長く使用することができます。
家具はそう何度もない大きな買い物なので、感覚で選ぶのも大事なことですが、愛着を持って長く使用できるアイテムを選んでいただければと思います。
ウエストウッドでは、装飾の凝ったものからシンプルなものまで、お客様の選択肢を広げられるように家具を取り揃えております。
ホームページにはすべての在庫商品を載せていますので、お客様に最適な家具がきっと見つかるはずです。
ぜひ、ホームページもご覧ください。

2016年1月12日火曜日

イングリッシュシルバーの置時計

みなさまこんにちは。
本日は一段と冷え込み、東京では初雪が観測されました。
雪と言っても霙に近いもので、積もることはありませんでしたが冬を肌で感じられました。
この先一週間曇りが続く予報ですので、防寒対策はしっかりとなさってください。

今回はイングリッシュシルバーの置時計をご紹介いたします。
№8239 置時計
http://www.westwood-jp.com/etc/8239.html

1900年代の置時計で、木の外郭に引き伸ばされたシルバーがフロント面を覆っています。
側面や裏面にかけては濃い緑をしており、シルバーを惹き立てる落ち着いた色合いになっています。
小振りな置時計なので、ぽっかり空いてしまった棚の上などに飾りやすいアイテムです。



全体のシルバーに、文字盤の金色との対比が非常に美しく気品を漂わせます。
文字盤下部には5人の天使像が施されています。4人は顔を向い合せ、1人は正面を向いており、様々な角度の天使が施されています。

インテリアとして飾っておくと机や棚の雰囲気をぐっと味わい深いものにしてくれます。
シルバーのアイテムをお探しの方や、インテリアとしての置時計をお探しの方に必見のアイテムです。


2016年1月10日日曜日

英国アンティーク スクリーン

みなさまこんにちは。
明日は成人式ですね。人生の中で20年は非常に長い時間です。
成人される方にとっては自分の人生そのままの歳月になるわけですから、特に長く感じていることと思います。
この先10年.20年と良い歳のとりかたが出来ると良いですね。

人生長くとも100数年、他の動物よりは遥かに長生きですが、樹木はもっと長く生き1000年以上生きるものもあります。
その上、木材として使用され、建造物や家具として生まれ変わってからも数百年と朽ちることなくあり続けます。
人の手入れがあればこそではありますが、なんと長い歳月を生きていることでしょうか。
アンティーク家具を取り扱っているとご年配のお客様から、
「自分よりも長生きな家具だね。」
と感慨深くご覧になられる方が多くいらっしゃいます。
自分と一緒に歳をとり、次の世代に引き継げる建物や家具はなんとも偉大ですね。
みなさまの周りにも自分よりも長生きなものはあると思います。
そう言ったものをたまに思い出し手入れをしてみて下さい。
今だから見える見え方があると思います。

さて、話が長くなってしまいましたが、ウエストウッドのアイテムをご紹介いたします。
№9755 スクリーン
http://www.westwood-jp.com/furniture/9755.html
迫力のある3面パネル






















マホガニーの木枠に、大きな1枚ガラスがはめ込まれたスクリーンです。
家具の中ではシーンが限られるアイテムですが、店先などに設置しポスター等を貼ったりして案内板として使用できます。
また、ガラスなのでそのままペンで文字やイラストを描いてみるのも面白いかもしれません。

オリジナルガラスの状態は良好です



蝶番が自由度の高い動きを可能にしています
木材にもワンポイント装飾が光ります





















3枚のスクリーンが蝶番で繋がっており、直列にすると120センチとかなり迫力が出ます。
自由度の非常に高い番なので、ジグザグにもコの字形にもレイアウトできます。
脚はテーパードレッグになっており、細くスマートな脚がスクリーンに軽やかな印象を与えます。
スクリーン下部にはカッティングが施され、シンプルながらも木材の存在感を主張しています。

ウエストウッド近所の下北沢を歩くと、多くのお店で立て看板を並べています。
どのお店も趣向を凝らしたものばかりでいつも興味深く見ています。
みなさまでしたらこのスクリーンでどのような看板を作り表現されますか。

2016年1月8日金曜日

フランス照明 ミューラー ウォールランプ

みなさまこんにちは。
新年あけてからずっと暖かい日が続いています。
朝晩の冷えはありますが、日中は暖房を少し弱めにして過ごせるほどの陽気です。
ウィンタースポーツを楽しみにされていた方にはものさみしい冬になってしまいました。
寒くない冬というのもなんだか物足りないものですね。なんともわがままな悩みです。

さて、今回はミューラーのウォールランプをご紹介致します。

№0076  ウォールランプ
http://www.westwood-jp.com/lights/0076.html
全体的にシンプルなランプでどこにでも使用できる、そんなアイテムです。
このシェードは金具にしっかりと取り付けるタイプで、地震の際など横揺れせず、家具の近くに設置しやすいウォールランプとなっています。
全体のイエローガラスに、シェードの縁に反対の色とされる濃いめのブルーを起用している、なんとも奇抜配色のシェードです。
普通なら組み合わせない配色を取り入れ、それを一つの作品として昇華させてしまう、ミューラーのセンスがうかがえます。





















光を灯すことで配色の違和感はなくなり、むしろ縁の濃いブルーが全体の色合いを下から支えているように見えます。
どこまでも淡い光が続くような、薄い色のシェードも魅力的ですが、金具との釣り合いを考えられた締りのあるシェードには力強さを感じます。
また、このランプは金具が主張せずにシンプルなデザインであることが、統一感を持たせるとともにシェードを惹き立てています。

シェードの上部にはエナメル彩サインが施されております。
シンプルであるが故にとり入れやすい家具はたくさんあります。
その空間のコンセプトや、何がメインなのかを考えたとき、ものは良くても主張の強いものでは思い通りのコーディネートはできないかと思います。
こう言ったシンプルなアイテムを、ぽっかり空いてしまった空間や雰囲気を出すためのエッセンスとして魅力を発揮します。
主演アイテムが取り揃えてあるご家庭には、ぜひ惹き立て上手な助演アイテムを取り入れてみてはいかがでしょうか。

2016年1月5日火曜日

英国アンティーク スチューデントデスク

みなさまこんにちは。
新年が明け、仕事始まりの方も多いかと思います。
ウエストウッドスタッフ一同、昨年にも増してみなさまに良質なアンティークをお届けできるよう精進してまいります。
何か気になるアイテムがございましたら、お気軽にお問合せ下さい。


新春になるといよいよ各学校の入試試験のシーズンになります。
何年も前から試験に照準を合わせ勉強している方、進路をどうすればいいのか最近になって答えを見つけた方など様々だと思います。
みなさまにとって最高の結果となることを願っています。
№4348 スチューデントデスク
http://www.westwood-jp.com/furniture/4348.html
今回は1930年代に作られたオークのデスクをご紹介します。
このアイテムは天板の広々としたデスクとは異なり、ビューローに近いアイテムです。
奥行きが浅く部屋に置いても邪魔をしないので、気軽にアンティーク家具を取り入れることができます。
上部のデスク部と下部の収納部とでシンプルな構造ですが、勉強するには十分な機能を備えています。
デスク部には鍵がついており、重要な手紙や書類などを保管しておけます。

天板を開いた中には、間仕切りがあり筆記用具などコンパクトに収納できます。
この天板は金具で支えてあるので、筆記する分には十分な強度と安定感があります。
オークの木目が鮮やかで、アンティークとしての風合いもしっかりと持ち合わせています。
受験をする当人たちもさることながら、受験を見守る周りの方々も同じように緊張していることと思います。
子供たちの頑張る姿を見て、自分も新しいことにチャレンジしたくなることもあるのではないでしょうか。
私は年々机に向かって書きものをすることが減ってきました。
パソコンなどの発達によるところが大きいにしても、自ら机に向かうことがなくなったのだと思います。
パソコンが当たり前の時代でも、受験生はいまだに机に向かってものを書き勉強しています。
受験生たちの努力を肌で感じるこの季節だからこそ、少しだけでも短い期間でも、勉強に触れる良い機会なのだと思います。
オークの質感と木材の匂いが、学校の教室机を思い起こさせ初心に戻り勉強できるような気がします。
新しいことにチャレンジするきっかけをくれる、このデスクはそんなアイテムです。

2016年1月4日月曜日

2016年スタートしました



みなさま明けましておめでとうございます。

お正月はいかがおすごしでしたか、私は実家に帰省し家族や旧友と過ごしました。
おみくじは2年連続中吉、焦らずじっくりいこうと思います。

westwoodは本日より通常営業しております。
本年も宜しくお願い申し上げます。