2016年9月12日月曜日

一期一会 一点もののチェアたち

みなさまこんにちは。
今回は一点もののチェアをご紹介します。

同一デザインのアンティーク家具を複数揃えるのは難しく、
買付けのタイミングでの出会いが大いに関係してきます。
ブックケースやキャビネットなどの大きなものはもちろんのこと、
チェアなど複数脚で使用するようなアイテムでもなかなか見つからない事があります。
WESTWOODでは、なるべく揃いで入荷しますが、それでも1脚の入荷はありますし、
販売していくことで、半端な在庫になってしまうことも多々あります。

お客様の中にはツイストやねこ脚などデザインの類似するものを上手く利用し、
コンセプトを重視されたコーディネートを楽しまれる方もいらっしゃいます。

また、複数脚あるものよりも、単品在庫の方が気軽に購入しやすく、
一点限りのアイテムとして魅力を感じられる、、などもよく耳にします。
今回はそんな一点ものにフォーカスして、アンティーク家具との出会いを
再発見していただければと思います。

まずは、テーブルに合わせるチェアです。
チッペンデールやヘップルホワイト・バルーンバックなど、様式として確立しているチェアたちです。
ご家庭に英国アンティークのテーブルをお持ちの方は、追加や買い替えにオススメです。
№4161チッペンデールダイニングチェア
http://www.westwood-jp.com/furniture/4161.html
№3700 ヘップルホワイトチェア
http://www.westwood-jp.com/furniture/3700.html
№9624バルーンバックチェア
http://www.westwood-jp.com/furniture/9624.html
続いては、単独で使用しても画になる格式の高いチェアたちです。
廊下や部屋の端に置けば、雰囲気がガラリと変わるアイテムなので、
室内のワンポイントとしてオススメです。
№4198インレイアームチェア
http://www.westwood-jp.com/furniture/4198.html
№4350カーブドチェア
http://www.westwood-jp.com/furniture/4350.html
№4334コーナーチェア
http://www.westwood-jp.com/furniture/4334.html
その他に、めずらしいアイテムや日本では馴染みのないアイテムの紹介です。
オーソドックスな英国家具にアクセントを付けたいとお考えの方にオススメです。
№4363モンクスベンチ
http://www.westwood-jp.com/furniture/4363.html
№4340ロイドルーム アームチェア
http://www.westwood-jp.com/furniture/4340.html
№トーネット ベントウッドロッキングチェア
http://www.westwood-jp.com/furniture/4016.html
№4306チャイルドチェア
http://www.westwood-jp.com/furniture/4306.html
この他にもまだまだ1脚在庫のチェアを取り扱っております。
すべては紹介しきれませんが、チェアのページリンクを貼りつけておきますので是非ご覧になってください。

国内のアンティーク品であってもその出会いは一期一会です。
ましてや、海外のものとなると更にその出会いは貴重なものとなります。
今この様にブログでご案内できるのも店にあるものだけですので、
実は私自身もブログを書きながら一点一点に思い出を作っていたりします。
みなさまもそんなアイテムとの出会いを体験しにいらしてください。
スタッフ一同は心よりお待ちしておりますが、
アンティークたちは待たずに旅立って行ってしまいますのでご注意くださいませ。。

0 件のコメント: