2017年3月28日火曜日

チッペンデールスタイルのハーフムーンカップボードを紹介します。

みなさまこんばんは。
ここ数日花見途中に来店される方を多くみます。
特に川沿いの桜は水面に散った花びらが美しいとのことです。
このブログでは良く季節を取り上げますが、季節の巡りを早く感じます。
4月から新年度に入りますが、新年度も季節の移り変わりを楽しんでいきたいですね。

さて今回はハーフムーンカップボードをご紹介します。
№4456 チッペンデールハーフムーンカップボード
http://www.westwood-jp.com/furniture/4456.html
チッペンデールスタイルのハーフムーンカップボードです。
キメの細かいマホガニーが全体に上品さを漂わせていますね。
ハーフムーンの素晴らしいところはなんと言ってもこの曲線でしょう。
お部屋の壁に物足りなさを感じたのならこのアイテムが最適です。
幅を取らずにメインをはれるそんなアイテムです。
天板は置物を飾るのに十分なスペースがあります。
美しく仕上げられた表面から味わい深い杢目楽しめます。
縁取られたリーフエッジが天板の平面を活かしつつアクセントを与えています。
中でも特に私が気に入っている点はこのフロント部分です。
ガラスを活かす様にシャープな木枠で、
内部に飾るものをしっかりと魅せるための配慮が感じられますよね。
内部には2段のガラス板があり、内部に光を取り込みやすい設計になっていますね。
このカップボードをしっかりと支える脚にはボール&クロウが施され、存在感を放っています。
丁寧に彫り込まれたアカンサスが、脚元まで抜かりなく作り込まれています。
ハーフムーンタイプのものには猫脚が多くみられますが、
家具は脚の出来によって大きくイメージを変えますがこれは一つの完成形と言えるでしょう。

最初に書いた様に、ぽっかり空いた壁のスペースにはぎっしりと棚を詰めるのも良いですが、
メインを一つに絞って魅せる事もまた、空間を演出するのに適しています。
このカップボードは角のないハーフムーンタイプの可能性を感じられるアイテムです。

0 件のコメント: