2017年9月26日火曜日

ノスタルジー世界へようこそ

みなさまこんにちは。
金木犀の香り立つ季節になりました。
昨年も金木犀のことを書きましたが、
毎年毎年この香りを嗅ぐたびに、秋を感じどこか切なさを覚えます。
秋はノスタルジックな気持ちにさせるのはなぜでしょう。
アンティークを取り扱っている店では独特の雰囲気、香りがあります。
それは木材のにおいか、はたまた、かび臭いにおいなのか。
いずれにしても、現代ものを取り扱うショップとは異なる雰囲気を味わえます。
上記したノスタルジックの様なものなのでしょうか。
アンティークは100年近くも昔のものなので、
私たちの時代には重ならないのですが、どこか懐かしく感じれますよね。
きっと、私たちの心が覚えているからなのでしょう。
命のバトンがその時その時を記憶して遺伝子に刻み込んでいるのではないでしょうか。
すこしロマンティックなことを言ってしまいましたね。
人は未来を見ながら進んでいきますが、
たまには立ち止まってこの様な感覚に浸るのも大切ですね。

0 件のコメント: