2018年5月15日火曜日

素材から選んでみようシリーズ⑥ ~エルム材~

みなさまこんばんは。

まだまだゆっくりと五月晴れの清々しい日々を堪能したいところなのですが、
晴れると日差しは夏日のようで、雨が降ると台風のような大荒れ・・・
あちこちの花壇に咲き乱れたツツジの花が終わり、
今は小振りのサツキの花が目を楽しませ、心を和ませてくれますね。

では今回の「素材から選んでみようシリーズ」第6弾は<エルム材>です。

日本名ではニレ(楡)の木のこと。北海道大学構内のニレ並木などが有名ですね。
個人的には楡と聞くとエッセイのドクトルマンボウシリーズでおなじみの
作家・北杜夫の「楡家の人びと」という作品名が思い浮かびます。

ヨーロッパでは特に楡は良縁の象徴とされており、風景画の題材にもよく使われ、
公園や庭園樹、街路樹として人々に親しまれています。

優しい黄褐色で頑丈で粘りがあるので曲木に適しています。
ですから主に椅子の材料として重宝され、堂々とした風格があるイギリスの伝統的なウインザーチェアなどが有名です。

カントリー家具としてのイメージも強く、庶民の家具用としてキッチンや実用的な家具用でも人気があります。
そう、例えば馬車の車輪などにも使われているんですよね。

現在では伐採が禁止されており、入手困難で稀少価値が高い材木になっています。


さて当店商品からは定番とも言えるチャーチチェアがございます。
No.3715 チャーチチェ

 

なんと1900年代のエルムのチャーチチェア!
その名の通り、教会で使われていることが多いので
背面には聖書を入れるポケットのようなスペースがあります。
頑丈でしっかりした作りです。



そしてこれも定番人気、ベントウッドのハイスツールもありますよ。
No.4227 ベントウッドハイスツール

 





粘りがあって曲木に適しているエルムだからこその曲線美でしょう♪
サイドテーブルやプラントスタンドとしてもお使いいただけます。







たくさん仕入れましたが、現在の在庫は3脚!
探していた方はお急ぎください。



他にもベントウッドチェアやウインザーチェアなど多数取り揃えておりますので。
どうぞご来店を心よりお待ちしております。

by K



0 件のコメント: