2018年9月11日火曜日

ウォールナットのスモールビューロー

こんにちは。

先週の北海道地震の余波は様々まだまだ続いていますね。
遭遇した方々、被害に遭われた方々にはお悔やみ申し上げます。

テレビやネットのニュースから知る電気・ガス・水道などライフラインが壊滅状態という
まさにブラックアウトというその状況には唖然とするばかりでした。

地震発生は決して他人事ではなく、東京にもいつ首都直下型地震が起こっても不思議ではありません。遭遇する様々なパターンを想定して、いざという時の行動を考えておく必要があるのでしょうね。


本日は店長オススメの商品から、1930年代ウォールナットのスモールビューローを
ご紹介したいと思います。

まずは閉じた状態で天板の【縮み杢】の模様をご堪能下さい・・・。
ウォールナットの縮み杢は特に珍重されているんですよ。

No.4201 スモールビューロー


 何とも言えない美しさですよねー。

繊維方向の木目と直交するように現れるこの縮み杢は、風雨による樹木の曲がりや枝の重みで偶然に生まれる模様なのです。
木目が波状に縮んでシワがよったように見える、まさに天然の杢目が活かされたデザイン家具と言えるのではないでしょうか。


使用するときは鍵穴にカギを差し込んで手前に開きます。








すっと伸びたスマートな「ガブリオールレッグ」
特徴的でステキです。。。


 

ご覧の通り、ビューロー内にも小さな引き出し付き、さらに仕切りもあるので
小分けにさまざま整理しやすくてとても便利~♪









正面向かって右の側面にはツマミがついており、
引っ張ってスライドさせると・・・
なんと隠れていた天板が出てくるんです。

使い勝手が多様で面白いですよね。










大げさに書斎は必要ないけれども、ちょっとした自分だけの空間で書き物がしたい時に
これがあれば重宝すること請け合いです。

そして使わない時は鍵をかけて閉じて片付けておけるコンパクトなサイズ。
実はこのスモールビューロー、貴方の大切なプライベートや秘密までをも?さり気なく
守ることが出来るという優れものなんですよ。。。

スタッフ一同、ご来店をお待ちしております。

by K

0 件のコメント: