2018年11月6日火曜日

多機能なアンティーク家具たち

こんにちは。

朝晩の冷え込みがだんだんとキツく感じられてきましたね。
昼間は一転して暑いくらいな日差しがあったりして服装に迷ってしまいます。
こんな時は軽くてシワになりにくくて脱ぎ着がしやすくて、さらにデザインも素敵な
まさに多機能な?羽織れる洋服が欲しくなります。

“多機能”と言えば、アンティーク家具の中にも幾つかの用途が合わさって1つの商品になっているものがあるんですよね。
本日ご紹介したいのは、あれとこれとが一緒になっていたら便利なのに…という方には
是非ともご検討頂きたいオススメ商品です。


まずはこの1920年代の「サイドバイサイド(Side By Side)」をご覧ください。

No.4270 サイドバイサイド

























両サイドがブックケース、その間にビューローとチェストが2杯一体となったタイプ。






ブックケースにはさり気なくステンドグラスのドアが使われているのも素敵ですねぇ。
ビューローの中も仕切りや小さな引出しがあり収納スペースも抜群。。。

 


あちこちに施された様々な彫刻の見事な美しさ。
使い勝手が良いばかりではないところが、やはりアンティーク家具ならではの魅力と言えるでしょう。



それからこちらの「ビューローブックケース」はいかかでしょう?


No.4003 ビューローブックケース



1910年代のオーク材の杢目が美しく、落ち着いた雰囲気を醸し出していますね。
縦に上からブックケース・ビューロー・チェストで構成されています。


















 


ビューローを開くとたくさんの仕切りと小さな引き出しがあり整理がしやすそうです。

チェストは上段から下段にいくにしたがい、引き出しの深さが深くなっているのも絶妙。
収納内容に合わせて区分けが出来るので便利ですよ。。

























収納力が抜群で、1つで3役をこなす多機能なアンティーク家具たち。
とても実用的でありながら、貴重で上質なオーク材で作られているという重厚感を
是非とも味わいにいらして下さいね。


ホームページで気になる商品がありましたなら、倉庫に待機しているものも御座いますのでお電話かメールにて御気軽にお問い合わせください。
お取り置きも可能ですので。

スタッフ一同、ご来店をお待ちしております。

by K






0 件のコメント: