2018年12月28日金曜日

年末年始の休業のお知らせ

年末年始休業のお知らせ
2018/12/29(土)~2019/1/6(日)まで
冬期休業とさせていただきます。
2019/1/7(月)から通常営業いたします。
*****************************

みなさまこんにちは、2018年も残すところあと3日となりました。
いかがお過ごしでしょうか。

WESTWOOD ANTIQUES の年内の営業は本日までとなります。

上記のとおり冬季休業をいただき、2019年は17日からの営業となります。


今年もたくさんのご愛顧をいただき誠にありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願い致します。

2018年12月22日土曜日

クリスタルガラスと云えば…バカラ<後編>

こんにちは。



昼間は日が当たると緩む寒さも、朝晩はさすがに冬本番を迎えたようです。
平成の今年も残すところあと少しとなりました。
師走の慌ただしさは毎年のことですが、体調には充分お気を付けくださいませ。





前回に引き続きまして、フランスの【クリスタルガラス】における有名なラグジュアリーブランドである…バカラ(Baccarat)のご紹介です。




そもそも【クリスタルガラス】とは、ガラスに透明度を与え、光の反射率や屈折率が高まるという「酸化鉛」を加え、そこに緻密なカットを施すことで七色に輝く…その様子がまるで”水晶”のように見えることから名付けられました。
バカラの製品にはこの「酸化鉛」がなんと30%も含まれているのです!
30%というこの比率が絶妙なのですね。



そしてさらに製造された6~7割しか消費者の手には入らないと言われる所以は、つまり
その品質基準の高さゆえ、およそ3割は破棄されてしまうからなんです。




今回はワイングラス以外のモノをご紹介させていただきましょう。




先ずはこちら、バカラのピッチャーです。

No.8168 オールドバカラピッチャー「NANCY」
http://www.westwood-jp.com/etc/8168.html



バカラの名前由来のバカラ村がある、フランス北東部ロレーヌ地方都市、
”ナンシー”(NANCY)の名前を冠したモデル。




1936年以前の製品とは思えないほど補修もなく、縦横のシンプルで直線的なデザインが
とても素敵ですね。容量はおよそ1リットルくらいの使いやすいサイズです。









それから同じくナンシーのシリーズでこんな小さめのタンブラー6個セットもあります。
ピッチャーとお揃いでお買い求め頂くのがオススメですよ…♪
No.8133 オールドバカラタンブラー「NANCY」

こんな素敵な”カラフェ”などもいかがでしょう?


No.8169 バカラ カラフェ


ガラスのカットが美しくて、とてもスタイリッシュなカラフェですよ。




 






”カラフェ”とはフランス語。日本語で言えば水差し、英語でピッチャーと同じ役目で
ワインに限らず、牛乳やジュースなども入れたりします。
ボジョレーヌーボーのような出来立ての若いワインなら、カラフェで空気に触れさせて
味わいや香りの変化を楽しんだりするのもいいですよね。



因みに”デキャンタ”とは…年代物のワイン、主に重厚な味わいの上質な赤ワインなどのボトル底に溜まった沈殿物を取るために移し替える、デカンタシオン/デキャンタージュする入れ物のことを指すんですね。。






さあ、ウエストウッドは只今【ウインターセール】の真っ最中!!!
ご紹介したバカラ製品は勿論のこと、店内にある他のガラス製品も家具やランプもすべて25日(火)まで、大変お買い得価格になっております。
どうぞこのチャンスを逃されませんように・・・。


スタッフ一同、心よりご来店をお待ちしております。



by K

2018年12月14日金曜日

セールのご案内

来る12/15(土)~12/25(火)までの期間ウインターセールを開催いたします。


全品販売価格より10~70%offにてご提供いたします。

この機会に是非一度ご来店くださいませ。

スタッフ一同心よりお待ちしております。




2018年12月13日木曜日

クリスタルガラスと云えば…バカラ<前編>

こんばんは。

この時期になりますとあちこちの駅前広場や商店街の通り沿い、一軒家のお宅でも
様々なクリスマスのイルミネーションがキラキラ輝いていますね。
とある場所の木の枝に沿って這わせたイルミネーションなどはこれから冷えた冬の夜空に
キリリと映えるであろう、美しい”クリスタル”のガラスをイメージさせるようなシルバーホワイト色…。

そう、【クリスタルガラス】と云えば…バカラ(Baccarat)でしょう!

言わずと知れたフランスのクリスタルガラスにおける有名なラグジュアリーブランド。
フランス国王ルイ15世によりロレーヌ地方のバカラ村にガラス工場が設立されたことから
端を発して現在に至ります。
長い歴史に裏打ちされた高度な技術、絶妙な酸化鉛の含有率、品質基準の厳しさなどが揃うことで、より美しく価値あるバカラの【クリスタルガラス】が生み出されてきました。
だからこその世界のあらゆる王室御用達、日本の皇室にも重宝される所以ですね。

さてここウエストウッドのキャビネットやショーケースの中にも
実はバカラのガラス製品が商品として沢山ございます。
代表的なものをいくつかご紹介させていただきますね。


先ずは基本的なところでワイングラスを・・・。
星や宝石のモチーフで緻密なカットが素晴らしいオーソドックスなタイプです。
4種類それぞれ2~6個の在庫ありです。
詳しくはお問い合わせ下さい。

No.8177 オールド バカラグラス「LAGNY」























次にこれはイギリス・ロンドンのピカデリーサーカス広場が名前の由来です。
大・小サイズそれぞれ1~2個在庫あります。
早めにお問い合わせを!

No.8154オールド バカラワイングラス「PICCADILLY」






















それからこれはスペイン北部の都市「ブルゴス」にあるカトリック教会の大聖堂が
名前の由来になります。
ゴシック様式を思わせるようなシャープなカットが魅力的。
ワンサイズで在庫は5個ぐらいです。

No.8153 オールドバカラワイングラス「BURGOS」


いずれのワイングラスもカットが鋭角な感じで、吞み口の良い薄目のガラスの厚さ。
ガラス独独の重みも感じられ、液体が入ると実にまろやかな印象になるのですから
不思議です。これぞまさしく”職人の技”なのでしょう。。。

お酒を飲む機会も何かと多くなるでしょうが、ここぞという大切なときにはやはり
とっておきの【クリスタルガラス】のグラスでシャンパンなんぞ楽しめたら素敵です。
さあ、バカラのグラスで乾杯!!しませんか?

スタッフ一同ご来店お待ちしております。

by K

2018年12月9日日曜日

ヘップルホワイト様式

家具の黄金期と呼ばれる18世紀ジョージアンの時代には多くの有名デザイナーが誕生しました。代表的なデザイナーには、以前取り上げたトーマス・チッペンデール、シェラトン、ジョージ・ヘップルホワイトがいます。

彼らはおのおのデザイン集を出版し、それぞれチッペンデール様式、シェラトン様式、ヘップルホワイト様式というようにまとまった様式が確立されました。

これら3つの様式は18世紀イギリスの三大流行様式と呼ばれています。

今日はその中でもヘップルホワイト様式について取り上げます。

ジョージ・ヘップルホワイトはジョージアン後期に活躍したデザイナー。
ジョージアン後期はまさに新古典主義が流行した時代であり、この新古典主義は主に建築家ロバート・アダムの手により広められました。ヘップルホワイト様式も新古典主義を基調としていますが、実用性と生産性をより重視し、形状や装飾が単純化されたデザインを特徴としています。

ヘップルホワイトのデザインで有名なのはやはりチェア。
背もたれの形がシールドもしくはハート型で、脚はテーパードレッグ。
テーパードレッグは足先にかけて細くなってゆくスタイルの脚のことです。

№3773/3774 ヘップルホワイトチェア

こちらはシールドバック。トップレールには実り豊かな麦が彫刻されています。




脚がガブリオールのものは、ヴィクトリアンの時代にリバイバルされたチェアによく見られます。




一方こちらはハートバック。ハートバックは柔らかで優美な曲線を描き、シールドバックとは違った魅力があります。

背もたれでチェアの種類を大別できても、それぞれ異なる繊細な彫刻やインレイが施されています。店頭でぜひご覧ください。

by A