2018年12月13日木曜日

クリスタルガラスと云えば…バカラ<前編>

こんばんは。

この時期になりますとあちこちの駅前広場や商店街の通り沿い、一軒家のお宅でも
様々なクリスマスのイルミネーションがキラキラ輝いていますね。
とある場所の木の枝に沿って這わせたイルミネーションなどはこれから冷えた冬の夜空に
キリリと映えるであろう、美しい”クリスタル”のガラスをイメージさせるようなシルバーホワイト色…。

そう、【クリスタルガラス】と云えば…バカラ(Baccarat)でしょう!

言わずと知れたフランスのクリスタルガラスにおける有名なラグジュアリーブランド。
フランス国王ルイ15世によりロレーヌ地方のバカラ村にガラス工場が設立されたことから
端を発して現在に至ります。
長い歴史に裏打ちされた高度な技術、絶妙な酸化鉛の含有率、品質基準の厳しさなどが揃うことで、より美しく価値あるバカラの【クリスタルガラス】が生み出されてきました。
だからこその世界のあらゆる王室御用達、日本の皇室にも重宝される所以ですね。

さてここウエストウッドのキャビネットやショーケースの中にも
実はバカラのガラス製品が商品として沢山ございます。
代表的なものをいくつかご紹介させていただきますね。


先ずは基本的なところでワイングラスを・・・。
星や宝石のモチーフで緻密なカットが素晴らしいオーソドックスなタイプです。
4種類それぞれ2~6個の在庫ありです。
詳しくはお問い合わせ下さい。

No.8177 オールド バカラグラス「LAGNY」























次にこれはイギリス・ロンドンのピカデリーサーカス広場が名前の由来です。
大・小サイズそれぞれ1~2個在庫あります。
早めにお問い合わせを!

No.8154オールド バカラワイングラス「PICCADILLY」






















それからこれはスペイン北部の都市「ブルゴス」にあるカトリック教会の大聖堂が
名前の由来になります。
ゴシック様式を思わせるようなシャープなカットが魅力的。
ワンサイズで在庫は5個ぐらいです。

No.8153 オールドバカラワイングラス「BURGOS」


いずれのワイングラスもカットが鋭角な感じで、吞み口の良い薄目のガラスの厚さ。
ガラス独独の重みも感じられ、液体が入ると実にまろやかな印象になるのですから
不思議です。これぞまさしく”職人の技”なのでしょう。。。

お酒を飲む機会も何かと多くなるでしょうが、ここぞという大切なときにはやはり
とっておきの【クリスタルガラス】のグラスでシャンパンなんぞ楽しめたら素敵です。
さあ、バカラのグラスで乾杯!!しませんか?

スタッフ一同ご来店お待ちしております。

by K

0 件のコメント: